日本食品機能分析研究所は、食品分析・検査をもとに食の安全に携わる皆様を幅広くサポートいたします

食品分析・検査のことなら、信頼と実績の日本食品機能分析研究所(ニッキケン・日機研)にお任せ下さい。



お知らせ
毎年、この時期は非常に多くのお問い合わせをいただいており、即座に電話に出られない場合もございます。
しばらく時間をおいてかけ直していただくか、メール・FAXをご利用ください。
時間外のお問い合わせはお問い合わせフォームかFAXでお願いいたします。
取り扱い検査項目
設備機器のご紹介
発酵黒生姜(ウルトラ蒸しショウガ)
採用情報
ホーム > 検査・分析サービス一覧 > 食物アレルギー検査
食物アレルギー検査 食物アレルギー検査

料金

食物アレルギー検査
 必要検体量価格(税別)納期
食物アレルギー(1項目)
(表示義務品目検査、表示推奨品目検査)
100g以上32,000円14営業日
 
価格は改定されることがございます。あしからずご了承下さいますようお願い申し上げます。
平成26年4月1日改定

 

検査内容

【表示義務品目検査(特定原材料)】

表示義務7品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび・かに)について、厚生労働省通知法に従い、スクリーニング検査(ELISA法(2キット))を行います。

 

【表示推奨品目検査(特定原材料に準ずるもの)】

表示が勧められてる18品目のうち13品目(大豆、あわび、いか、牛肉、豚肉、鶏肉、キウイフルーツ、さば、やまいも、さけ、くるみ、りんご、バナナ)についてPCR法を用いて検査を行います。

 

検査可能形態

食品全般
(特性の強いものや少量添加されるような原料の検査をご希望の方は事前にお問い合わせをお願いいたします。)

 

このような時に

商品パッケージ、コンタミネーションの確認など

 

検査の特徴

※スクリーニング検査について

【表示義務品目検査(特定原材料)】

・表示義務7品目のうち、「卵、乳、小麦、そば、落花生」の5品目については、株式会社森永生科学研究所製「モリナガFASPEK特定原材料測定キット」および日本ハム株式会社製「FASTKITエライザVerU」を使用します。

・表示義務7品目のうち、「えび・かに」の2品目については、株式会社マルハニチロ食品製「甲殻類キット(マルハ)」および日水製薬株式会社製「FAテストEIA-甲殻類(ニッスイ)」を使用します。また本試験は食品中の甲殻類由来タンパク質を検出する試験です。「えび・かに」は他の甲殻類と区別はつきません。

 

【表示推奨品目検査(特定原材料に準ずるもの)】

・PCR法にて検査します。

 

ご依頼から報告までの流れ

 

 

毎年、この時期は非常に多くのお問い合わせをいただいており、即座に電話に出られない場合もございます。
しばらく時間をおいてかけ直していただくか、メール・FAXをご利用ください。
時間外のお問い合わせはお問い合わせフォームかFAXでお願いいたします。