日本食品機能分析研究所は、食品分析・検査をもとに食の安全に携わる皆様を幅広くサポートいたします

食品分析・検査のことなら、信頼と実績の日本食品機能分析研究所(ニッキケン・日機研)にお任せ下さい。



お知らせ
毎年、この時期は非常に多くのお問い合わせをいただいており、即座に電話に出られない場合もございます。
しばらく時間をおいてかけ直していただくか、メール・FAXをご利用ください。
時間外のお問い合わせはお問い合わせフォームかFAXでお願いいたします。
取り扱い検査項目
設備機器のご紹介
発酵黒生姜(ウルトラ蒸しショウガ)
採用情報
ホーム > 検査・分析サービス一覧 > 新商品開発応援セット
新商品開発応援セット 新商品開発応援セット

料金

新商品開発応援セット
 必要検体量価格(税別)納期
新商品開発応援セット
【セット内容】
・基礎成分7項目セット
・一般生菌数(一般細菌数)
・大腸菌群(定性)
・黄色ブドウ球菌(定性)
150g14,000円10営業日
食物繊維(プロスキー法)100g20,000円14営業日
食物繊維(プロスキー変法)100g41,000円14営業日
食物繊維(酵素-HPLC法)100g52,000円14営業日
比重50g3,000円14営業日
アルコール100g6,000円14営業日
カフェイン100g8,000円14営業日
タンニン100g8,000円14営業日
酢酸100g17,000円14営業日
※検体により納期及び必要検体量が異なりますので、お問い合わせ下さい。基礎成分7項目セットのみの検査はこちら
 
価格は改定されることがございます。あしからずご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

検査内容

『初めて「検査」をするけれど何をしたらよいかわからない。』という方にオススメのセットです。
現在、食品には栄養成分の表示義務があります。まずは商品を開発するにあたって必要な「栄養成分ラベル」と製造の安全性の確認を行う最低限の「微生物検査」をセットにいたしました。
『基礎成分7項目セット(エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量(ナトリウム)、水分、灰分)』を検査のベースとしておりますので、検体によっては他の項目も追加で必要になる場合があります。

 

【検査例】

こんなとき追加検査項目
糖質を知りたい食物繊維(試験方法に関しては料金表をご確認ください)
液体なので ml あたりで表記したい比重
アルコール飲料及びアルコールを含む食品アルコール
お酢及び酢酸を含む食品酢酸

 

不明の点があればご相談ください。092-263-8359

 

検査可能形態

食品全般

 

このような時に

【 例 】
・新商品を開発・発売する予定だけど何の検査から行ったらよいかわからない。
・製造している場所が安全なのか最小限検査をしたい。
・商品を開発するのがはじめて。
・卸先から検査をするように言われたが、困っている。

 

ご依頼から報告までの流れ

 

 

毎年、この時期は非常に多くのお問い合わせをいただいており、即座に電話に出られない場合もございます。
しばらく時間をおいてかけ直していただくか、メール・FAXをご利用ください。
時間外のお問い合わせはお問い合わせフォームかFAXでお願いいたします。