日本食品機能分析研究所は、食品検査をもとに食の安全に携わる皆様を幅広くサポートいたします。
お問い合わせフォーム

食品分析・検査は、日本食品機能分析研究所へお任せ下さい。



ホーム > 検査・分析サービス一覧 > 残留農薬検査・分析
食品分析・検査サービス一覧
今週の検査予定
2014年1月20日〜1月24日
発酵黒生姜(ウルトラ蒸しショウガ)
新着情報
採用情報 日本食品機能分析研究所 採用情報
残留農薬検査・分析

 

検査内容

【スクリーニング検査】

一斉分析可能な項目を集め、276項目、106項目一斉分析することにより食品中の残留農薬を分析いたします。

【カスタマイズ検査】

お客様の使用した農薬がどれだけ食品中に残っているのか確認する分析となります。
※お客様より使用農薬を確認させていただきますが、できないものもございますのでご了承下さい。

 

検査可能形態

精米、野菜、お茶、健康食品 等 (まずはお問い合わせ下さい)

 

このような時に

【スクリーニング検査】

・ 輸入製品の安全性を確認したい。
・ 残留農薬は使用されていないか確認したい。

【カスタマイズ検査】

・ 農薬を使用したが基準値通りかどうか確認したい。
・ 使用農薬が残っていないか確認したい。

 

検査の特徴
検体に合わせた前処理を行い、ガスクロマトグラフ質量分析装置と液体クロマトグラフ質量分析装置を用いて公定法と独自技術による高精度な結果を迅速にご報告いたします。

 

残留農薬分析の検査・分析日数と流れ

 

残留農薬
※申し込み多数のため還元価格にてご提供させていただいております。
 
スクリーニング検査 当社の一斉分析の定量下限値は0.1ppmで設定しております
 
 必要検体量価格(税別)納期
276項目一斉分析 残留農薬276項目一覧表-42,000円14営業日
276項目一斉分析 特急仕上げ
-54,600円8営業日
 
 必要検体量価格(税別)納期
106項目一斉分析 残留農薬276項目一覧表-25,000円14営業日
106項目一斉分析 特急仕上げ
-32,500円8営業日
 
 
カスタマイズ検査 当社の定量下限値は0.01ppmで設定しております
 
1成分 17,000円〜 (検査項目によって価格の幅がございます。)
まずはご使用の農薬などの御相談をお願いたします。TEL:092-263-8359
 
※ 検体により納期及び必要検体量が異なりますので、お問い合わせ下さい。
価格は改定されることがございます。あしからずご了承下さいますようお願い申し上げます。
平成26年4月1日改定

 

このページの先頭へ