日本食品機能分析研究所は、食品分析・検査をもとに食の安全に携わる皆様を幅広くサポートいたします

食品分析・検査のことなら、信頼と実績の日本食品機能分析研究所(ニッキケン・日機研)にお任せ下さい。



お知らせ
毎年、この時期は非常に多くのお問い合わせをいただいており、即座に電話に出られない場合もございます。
しばらく時間をおいてかけ直していただくか、メール・FAXをご利用ください。
時間外のお問い合わせはお問い合わせフォームかFAXでお願いいたします。
取り扱い検査項目
設備機器のご紹介
発酵黒生姜(ウルトラ蒸しショウガ)
採用情報
ホーム > 検査・分析サービス一覧 > 安全検査セット
安全検査セット 安全検査セット

料金

安全検査セット
 必要検体量価格(税別)納期
安全検査セット
【セット内容】
・残留農薬106項目一斉分析
・重金属4項目セット
(砒素、鉛、水銀、カドミウム)
400g51,900円14営業日
総アフラトキシン100g22,000円14営業日
デオキシニバレノール100g28,000円14営業日
パツリン100g22,000円14営業日
BHA100g15,000円14営業日
BHT100g15,000円14営業日
PCB100g18,000円14営業日
放射性ヨウ素(I-131)、
放射性セシウム(Cs-134及びCs-137)セット
(ゲルマニウム半導体検出器を用いた
ガンマ線スペクトロメトリー法)
500g18,000円5営業日
※ 検体により納期及び必要検体量が異なりますので、お問い合わせ下さい。
 
価格は改定されることがございます。あしからずご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

検査内容

食の安全を守るために食品衛生法などでさまざまな基準が設定されています。残留農薬や重金属など多方面から検査し判断をすることが出来ます。栄養成分のように食品に表示をするわけではありませんが、見た目では分からないからこそ検査をしてデータを取り安心安全の確認をしておく必要があります。

 

検査項目食品例基準(一部抜粋)
総アフラトキシン食品全般10 μg/kg
デオキシ二バレノール小麦1.1 ppm(暫定)
パツリンりんごジュース、及び原料用りんご果汁0.050 ppm
カドミウム米(玄米及び精米)0.4 mg/kg
放射性セシウム
(Cs-134及びCs-137)
飲料水10Bq/kg
牛乳50Bq/kg
飲料水50Bq/kg
一般食品100Bq/kg

 

検査可能形態

食品全般、(農産物、海産物、健康食品など)

 

このような時に

・生産した農産物が安全かどうか調べたい。
・農薬が残留していないことを証明したい。
・海外から輸入したものを国内で流通させることが出来るか判断したい。
・食品中の重金属が基準値以内であるか確認したい。

 

ご依頼から報告までの流れ

 

 

毎年、この時期は非常に多くのお問い合わせをいただいており、即座に電話に出られない場合もございます。
しばらく時間をおいてかけ直していただくか、メール・FAXをご利用ください。
時間外のお問い合わせはお問い合わせフォームかFAXでお願いいたします。