日本食品機能分析研究所は、食品分析・検査をもとに食の安全に携わる皆様を幅広くサポートいたします

食品分析・検査のことなら、信頼と実績の日本食品機能分析研究所(ニッキケン・日機研)にお任せ下さい。



お知らせ
毎年、この時期は非常に多くのお問い合わせをいただいており、即座に電話に出られない場合もございます。
しばらく時間をおいてかけ直していただくか、メール・FAXをご利用ください。
時間外のお問い合わせはお問い合わせフォームかFAXでお願いいたします。
取り扱い検査項目
設備機器のご紹介
発酵黒生姜(ウルトラ蒸しショウガ)
採用情報
ホーム > 検査・分析サービス一覧 > 衛生管理セット
衛生管理セット 衛生管理セット

料金

衛生管理セット
 必要検体量価格(税別)納期
衛生管理セット
【セット内容】
・一般生菌数(一般細菌数)
・大腸菌群(定性)
・黄色ブドウ球菌(定性)
・サルモネラ(定性)
100g7,000円7営業日
大腸菌(定性)50g2,000円5営業日
腸炎ビブリオ(定性)50g1,800円5営業日
腸管出血性大腸菌O-157(定性)50g6,000円7営業日
カンピロバクター(定性)50g2,500円7営業日
真菌数(カビ及び酵母数)50g2,000円7営業日
※ 検体により納期及び必要検体量が異なりますので、お問い合わせ下さい。
 
価格は改定されることがございます。あしからずご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

検査内容

「 『菌検査』と言われても何をしたらよいかわからない。」や「食中毒を起こさないように前もって検査をしたいが最低限、何をしたらよいかわからない。」など菌検査や衛生検査にお困りの方にぴったりのセットです。
食材によって検査項目は異なりますが、まずはこのセットから。

 

検査可能形態

食品全般

 

このような時に

・定期的に製品や製造ラインが問題ないか調べたい。
・商品ごとに微生物検査を行ないたい。
・自社の製品が国、県などが定める規格基準や衛生管理指標、自社基準、お取引先の納品基準に適合しているか確認したい。

【検査例】追加項目に悩んだら・・・

検査項目食品例
大腸菌(定性)非加熱食品(加熱をしていない食品)等
腸炎ビブリオ(定性)海産物、浅漬けなどの塩分が高いもの 等
腸管出血性大腸菌O-157(定性)牛肉、牛肉製品 等
カンピロバクター(定性)鶏肉、鶏肉製品 等
真菌数(カビ及び酵母数)粉製品、麺製品 等

 

ご依頼から報告までの流れ

 

 

毎年、この時期は非常に多くのお問い合わせをいただいており、即座に電話に出られない場合もございます。
しばらく時間をおいてかけ直していただくか、メール・FAXをご利用ください。
時間外のお問い合わせはお問い合わせフォームかFAXでお願いいたします。